© 2011 admin. All rights reserved. P1000835

レンズが好き(眼鏡ではない)。

さてさて、僕は写真を撮ることと同じくらいカメラそのもの、レンズそのものが好きです。持ってるものも全部把握しきれてないし、ほしいものをあげたらキリがないし。なんでしょうね、僕にとってカメラというものは単に「写真を撮るための道具」という枠では収まらないんです。モノとしての魅力が詰まってる、っていうか。

先日も新しいレンズを購入してきました。FD200mm F2.8 SSCです。昨日ブログに貼り付けた写真はまさにその新しいレンズで撮った写真です。といっても中古で古いレンズを買うことが多いので新しいレンズとは言えないんですけどね。 

レンズというのは「資産」と呼ばれることもあるように、一生モノだと僕は考えます。数十年前のレンズをいくつも持っていますが、現代の最新鋭のレンズと比べても遜色ないものも多く、レンズの魅力というのは時代を経ても衰えることはありません。一般的にレンズの良し悪しを決定づける収差や歪曲といった要素もまた、写真の世界ではレンズの味として解釈されるのは面白いところですね。

FD200mm F2.8 SSCの実力、まだちょっと未知数なのでもう少し枚数を撮ったらレビューなんて書いてみようかと思います。

 


Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>